ヌッタカモン・スパトラノン

ヌッタカモン・スパトラノン

ヌッタカモン・スパトラノン(2000年生まれ)は7歳でトランペットを始め、タイのラジャヴィニット・スクールとパトゥムワン・デモンストレーション・スクールのマーチングバンドで演奏しました。彼女の才能はすぐに発揮され、2017年にはタイ・ユース・オーケストラのオーディションに合格しました。同年、オーストリアのウィーンで開催されたSumma Cum Laudeコンクールで最優秀賞を受賞し、SET音楽コンクールで金メダルを獲得しました。

ヌッタカモンは、2018年にプリンセス・ガリヤニ・ヴァダナ音楽院ユースオーケストラの首席トランペット奏者を務めたほか、サイアム・シンフォニエッタの首席トランペット奏者など、名誉ある役職を歴任しています。サイアム・シンフォニエッタでの役職により、ニューヨーク音楽祭に出演しました。キャロル・ラインハート博士、オットー・ザウター、ターゲ・ラーセン、パチョ・フローレス、ボストン・ブラスなどの著名な音楽家によるマスタークラスに参加し、技術と芸術のスキルを高めてきました。

2016年、ヌッタカモンはマヒドン大学のヤングアーティストプログラム(プレカレッジ)に入学し、アロンコーン・ラオサイチュア氏とジョセフ・ボウマン博士の下でクラシックトランペットを学びました。彼女の並外れた才能により、翌年、マヒドン大学から全額奨学金を獲得しました。 

ヌッタカモンは、シンガポール国立大学ヨン・シウ・トー音楽院でジョン・ポール・ダンテ氏とラウ・ウェン・ロン氏に師事し、優秀な成績で音楽学士号を取得しました。在学中、彼女は競争の激しい協奏曲コンクールで優勝しました。現在は、シンガポール交響楽団のセクショントランペット奏者として活躍しています。